ブログ

成人式の華やかさを演出する「帯結び」の種類

成人式の彩りの多くは振袖ですが、

その後ろ姿にこそ「個性」があることを

ご存じですか?

 

振袖の色や柄、生地はたくさんあり、

「自分なりの振袖、成人式」を

演出することができます。

 

さらに、「帯」はセンスや粋、こだわりで

彩りを追加することが出来ると言われています。

 

新成人の方よりも、もしかしたら

お母さんやおばあさんが着物好きで

こだわりを持っていらっしゃる場合もあるでしょう。

 

そうなると、成人式の振袖の「帯結び」に

ものすごく力が入るということもあります。

振袖の後ろ姿はあまり印象無いな…

なんて思っている方もいるでしょうが、

こだわり抜いた「帯(結び)」は

驚くほど華やかで美しいです。

 

成人女性が着用する訪問着などでは、

このような帯の結び方はないので、

未婚の女性のうちしか楽しめない

場合がほとんどです。

 

これから成人式を迎える女性の方、

ご家族の方、ぜひとも「帯」にも

注目して選んでみてください。

「どんな帯を選ぶかは重要?」

ということはありません。

 

帯の選択は振袖との相性次第です。

高価なものがいいというわけでもありません。

 

色柄、ご本人、トータルバランスが重要です。

だからこそ、「帯結び」が彩の最後の仕上げ、

ということで重視されています。

 

成人式の華やかさを演出する「帯結び」の種類

○文庫結び
帯に対して水平なリボン形になる結び方です。
結び目部分を四角く整えた際、
その部分を文庫に見立てたことから
この呼び名がつけられたそうです。

○立て矢結び
文庫結びと似たような形ですが、
こちらは斜めになる結び方となります。
大奥に仕えていた女中(奥女中)が
使用していた結び方とされています。

○ふくら雀
ふくらんだ雀をイメージして作られる結び方です。
基本はお太鼓結びとなりますが、
左右から羽を出すのが特徴です。

○お太鼓結び
発祥は江戸時代末期の深川の芸者から、といわれています。
東京都江東区にある亀戸天神の太鼓橋を
モチーフにしたとされています。
一重太鼓と二重太鼓があります。

○花結び
ふくら雀結びの「羽」の部分をアレンジして
花びらのように幾重にも重ねることで
豪華さを加えることができます。

蝶や花など「羽」や「花びら」に変化を

つけることで、個性や豪華さが

プラスされていくので、

振袖と共に後ろ姿はとても豪華絢爛です。

 

ただし…「簡単に」結ぶことができないのも

帯結びの醍醐味です。

 

素敵!綺麗!な帯結びには結んでくれる方の

技術や練習も必要になることを念頭におき、

成人式当日の準備や手配をしてください。

 

振袖はそれだけで華やかなものです。

その振袖にはどんな帯結びが合うか、

着物を熟知している方からのアドバイスを

もらうのもひとつの方法です。

 

阿部写真館は撮影だけではなく

着付や振袖レンタルもおこなっております。

ベテランスタッフが帯など

小物についてのアドバイスもさせていただきます。

 

まずはTEL、LINEにてお気軽にご相談ください

お問い合わせ

ご予約・ご質問・お問い合わせはこちらから お電話でのお問い合わせ・ご予約 お電話でのお問い合わせは下記の番号よりお気軽にどうぞ。 ご来店予約や撮影ご予約も承っております。 088-674-0114 ( ...

続きを見る

© 2021 徳島 成人式 写真なら阿部写真館