成人式 振袖 記念写真 徳島 

夏休みに成人式の前撮りで仲間とプチ同窓会はいかが?

 

 

 

こんにちは。

Web担当 高橋です。

 

先日、衆議院選挙が公示されたのに関連してか、

都道府県別の投票率ランキングの話題を

耳にしました。

新たに18歳に選挙権が与えられたのに伴って、

総務省が全数調査した数字だそうです。

 

それによると、

初めて18歳が投票した国政選挙である

2016年の参議院選挙では、

残念なことに

ワースト10に四国4県すべてが

入っていたそうです。

 

順位を確認してみると、

43位香川

44位愛媛

45位徳島

47位高知

といった具合に。

 

実は、ワースト5でも

4県が名を連ねることに

なっています。

 

このことに対して、

「下位の件は、若者が県外へ出てしまっているのが

原因なのでしょうね」

とのコメントがありました。

 

 

確かにそうかも!

 

 

就職や進学で、地元を離れて

頑張っているけれど、

住民票は地元のまま。

 

だけど、選挙の投票のために

帰省するのは難しいって人は

多いと思います。

 

 

 

 

じゃあ、住民票を今住んでいるところに

移せばいいんじゃないか。

 

それは確かにそうです。

 

実際に住んでいることろの

行政サービスなどを

スムーズに受けるためなどには

住民票を移動させてあることが必要です。

 

 

ですが、進学で数年離れるけれど、

いずれは地元へ戻るつもりの場合、

わざわざ住民票を移さなくても…

となります。

 

実際、実家に住民票がある場合が

ほとんどですから、

なにか必要なことがあれば、

実家から連絡がもらえますよね。

 

そして成人式の案内が送られるのが、

住民票のある自治体から、

という点も理由のひとつじゃないかと

思います。

 

だって、成人式って

成人してもらったことを

お祝いしてもらうのが楽しみというよりも、

懐かしい仲間が集まって再開できる機会

という面の方が本人たちにとっては

大きいと思うのです。

 

 

成人式 袴 記念写真 徳島 

 

 

ということは、

住民票を移してしまうと、

地元の成人式に参加できなくなっちゃう?

 

 

いえいえ、そんなことはありません。

 

 

自治体によって多少対応は変わりますが、

その地域の中学校を卒業しているなど、

理由があれば

住民票がなくても成人式に参加できることが

多いようです。

 

今は住民票を移動させてあるけれど、

地元の成人式に参加したいと

考えているのならば、

一度、自治体に問い合わせてみてはいかがでしょう?

 

準備の関係もあるでしょうから、

あまり間際だと対応してもらえない可能性もあるので、

その点注意してくださいね。

 

 

徳島県の場合は、

より多くの新成人が参加できるようにと

例年お正月休み期間に式典を行うところが

多いですね。

 

 

式典当日やその前後は、

家族での団らんや

懐かしい仲間たちとの同窓会などの集まりで、

楽しくも忙しい時間を過ごすことに

なるかと思います。

 

 

そこで、おすすめしたいのが

成人式写真の前撮りです。

 

前もって、ゆっくり時間のとれる時に

落ち着いて記念写真を撮影すれば、

納得の出来の写真を残せるはず。

 

 

 

今はバラバラになっている、

親しい仲間と一緒に

成人記念写真を撮りたいのなら、

皆が帰省してくる夏休みがねらい目。

 

成人式の随分前になってしまいますが、

遠方の仲間も集まれる時を考えると

やっぱり夏休み。

 

 

徳島の阿部写真館で

振袖や羽織袴をレンタルして、

いつもと違う自分たちで

写真撮影のあと

プチ同窓会も楽しそうです。

 

仲間と一緒なら、

ひとりでは、緊張しがちな表情も

リラックスした自然体となるはずです。

 

 

仲間と一緒に成人式写真を撮りませんか?

[`evernote` not found]
GREE にシェア
email this
Pocket
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP