成人式の振袖の選び方!柄や色に迷ったら、意味合いから選んでみては?

こんにちは。

WEB担当の明石です。

 

成人式は大人の入口、

一生に一度の大切な行事です。

 

新しい門出に装う振袖は

未婚女性の正装で、

この年代でしか着れないものです。

 

だからこそ、自分に合った振袖を選びたいですね。

 

お洋服を選ぶように、

顔映りのよいものや

自分の好きな色や柄で

選ぶのもよいと思いますが、

普段着慣れない着物を選ぶのは至難の業。

 

洋服と和装では

素材や柄の雰囲気も違うので、

普段似合う色が

着物でも似合うとは限りません。

 

いろんな色や柄の着物に

袖を通してみて、

自分にしっくりくるものを探しましょう。

成人式 振袖 20歳 記念写真 徳島 

 

実は振袖の柄や色には、

それぞれの意味が込められています。

 

せっかくなら日本の伝統衣装を、

柄や色の意味から選んでみるのも

よいかもしれません。

 

振袖選びの参考にしてみてくださいね。

 

振袖でよく見られる

柄の意味をみていきましょう。

 

まずは伝統的な柄です。

 

「亀甲」

縁起の良い柄として親しまれ、

永遠の繁栄と長寿を表します。

 

「鶴」

鶴は千年と言われるように、

長寿を表します。

 

「七宝」

仏教の経典で

7つの宝を意味し、

富と長寿を表します。

 

「市松」

江戸時代から人気の柄で、

幾何学的につながっていく模様から、

繁栄を意味します。

 

「扇」

末広がりを意味し、

家の繁栄と発展を表します。

 

「手毬」

女性らしさの象徴で、

万事丸く収まるよう願いが込められています。

 

「御所車」

貴族の乗り物である

牛舎を描いた模様で、

豊かさと華やかさの象徴です。

 

「蝶」

成長の過程で変化していく様が

女性の美しさを表します。

読み方からも、

長寿の意味もあります。

成人式 前撮り 振袖 記念写真 徳島 

 

続いて、お花柄です。

 

「牡丹」

ふっくらと花開く幸せの象徴です。

 

「梅」

冬を乗り越えて春に咲くことから、

忍耐と美を表します。

安産祈願の意味合いもあります。

 

「桜」

日本の花の代表で、

豊かさの象徴です。

 

「あやめ」

剣のような葉の形から、

魔除けを意味します。

 

「椿」

一年中葉を落とさないことから、

強い生命力と魔除けを意味します。

 

次は、色の意味もみていきましょう。

 

「赤色」

成人式の振袖の定番カラーです。

赤には、厄除けの意味があります。

華やかで、お祝いの意味も込められています。

 

なにより若い女性を美しく見せる色です。

 

「ピンク色」

平和や愛の意味があります。

可憐で優しい雰囲気を醸し出します。

 

「白色」

純粋無垢な意味を表します。

若々しい清楚なイメージと

シンプルで

凛とした強さを感じる色です。

 

「青色」

青は漢方薬でも使われる

“藍”という植物が使われていて、

浄化の意味が込められています。

 

クールな印象の青色は、

知的な印象を与えます。

 

「緑色」

自然をイメージする緑色は、

安定感や調和を意味します。

やさしい癒しのイメージです。

 

いかがでしょうか?

 

振袖選びは、

好きな色や顔映りで選ぶのがよいです。

 

でも、普段着慣れない着物選びは難しいです。

 

どうやって選んだらよいか迷ったら、

振袖に描かれている

柄や色の意味から選ぶのも楽しいですよ。

 

自分のフィーリングと

柄や色の意味合いを

重ね合わせるのも素敵ですね。

 

新しい門出の記念に、

日本の伝統について

思いをはせてみてはいかがでしょうか。

 

お気に入りの振袖が決まったら、

一生に一度の成人式、振袖姿を写真に残しましょう。

 

☆自分に似合う振袖選びはぜひ試着会へ☆

 

[`evernote` not found]
GREE にシェア
email this
Pocket
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP