成人式 振袖 記念写真 徳島 

振袖には清めの意味があるってホント?成人式に振袖を着る理由とは

着物には振袖と留袖があり、

振袖は未婚の女性、留袖は既婚女性が

着るものと分かれています。

 

 

未婚女性が着る振袖は、

男性からの求愛に対して、

OKであればたもとを左右に振り、

NOであれば前後に振るという

意思表示にも使われていたようです。

 

現代でも「振る」とか

「振られる」というのは、

どうやらそこから来たもののようです。

 

 

ちなみに、振袖を着ることは

厄払いや清めにも通じるものだったようです。

成人式 振袖 記念写真 徳島 

 

そのため、人生の節目である

20歳の門出に振袖が着られるようになった

という説もあります。

 

 

ところで、

普段着物に慣れていない女性にとって、

振袖を着るのはなかなか大変なようです。

 

 

振袖に限らず、着物を上手に着こなせば、

女性はグンと美しく見えます。

 

 

振袖を着こなすには、

袖やたもとが長いことや

背中に大きな帯があることを

意識するだけでも、

立ち居振る舞いに余裕が生まれます。

 

特に男性の前で素敵な女性に見せるには、

いくつかのポイントがありますので

ご紹介しましょう。

 

成人式 前撮り 振袖 記念写真 徳島 

まず、正座する場合は膝を曲げて座る前に、

前裾を持ち上げて座るようにすると

膝がきつくなりません。

 

 

また、座る際はお尻が着く前に

右手で振袖の裾を押さえながら座れば

裾が乱れることがありません。

 

 

座っている間は、

袖を左右やうしろに流しておけば

美しく見えます。

 

また、正座から立ち上がるには

両足のかかとを同時に挙げて

一瞬つま先立ちになると

美しく立ち上がれます。

 

 

椅子に座る場合は、

深く座らないのが美しく見せるコツです。

 

あまり深く座ると椅子の背もたれで

帯がつぶされますから注意しましょう。

成人式 前撮り 振袖 記念写真 徳島 

このとき、

袖を垂らすと床についてしまうので、

膝の上に重ねておきます。

 

 

 

振袖を着て一番困るのは

階段の上り下りかもしれません。

 

 

特に降りるときは気をつけないと、

うっかり袖や裾を踏むと

階段を転げ落ちる危険があります。

 

 

袖は左右とも左手で持ち、

足元がはだけない程度に

裾を持ち上げて歩きましょう。

 

 

このとき、体を少し斜めにするのが、

美しく見えるコツです。

 

しかし、慣れないうちは美しさよりも、

安全に階段を上り下りすることに

専念したほうがよさそうです。

 

 

成人式は一生に一度だからと、

我が子のために奮発して

振袖を買ってあげる親も

多いことでしょう。

 

しかし、振袖を着る機会は

結婚式にお呼ばれしたときなど、

幾度かあるのが普通です。

 

 

そんなとき、買った振袖だと

毎回同じ振袖を着て行くことになり、

あとで写真を見返すとどれも同じ振袖

ということになってしまいます。

 

そこで、何度か着る機会のある振袖は、

買うよりもレンタルのほうが断然お得です。

 

徳島阿部写真館では

振袖のレンタルを行っておりますので、

必要なときにいつでもレンタルして

成人式やお呼ばれの席に

出かけることができます。

 

 

阿部写真館で振袖をレンタルすれば、

あとで写真を見たときに

「いつも同じ振袖」

ということはなくなるので、

そのほうがいいのではないでしょうか。

 

振袖を着て写真を撮るチャンスは

そう多くありません。

 

あでやかな振袖姿を綺麗に残したいなら、

阿部写真館で撮影するのがおすすめです。

 

☆20歳の「ふり」袖をぜひ楽しんでキレイに残してください☆

 

 

 

[`evernote` not found]
GREE にシェア
email this
Pocket
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP