整形メイクで成人式はアリ? ナシ?

こんにちは。Web担当の松村です。

YouTubeって、一度閲覧しはじめると

何時間でも見入ってしまいますよね。

 

数ある動画のなかでも、

女性であれば一度は検索するのではと思われるのが、

メイクに関するものではないでしょうか。

 

様々なメイク方法がありますが、

テレビや雑誌でも話題になっているのが

「整形メイク」です。

 

肌を綺麗に見せたり、目を大きく見せたりする程度のメイクは古い!

といわんばかりに、

まるで別人レベルにまで変わってしまうのが

整形メイクの凄いところです。

 

今や小学生でも、メイクをして登校する時代らしいのですが、

あなたは普段、どの程度のメイクをしていますか?

 

 

 

 

基本となるメイクは、肌を仕上げるためのメイクで

ベースメイクとも呼ばれます。

 

日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、

フェイスパウダーの4種類を重ねて、

肌の状態を整えるメイクです。

 

肌のくすみやそばかす、ニキビ跡など、

気になるところをカバーするだけで

随分と印象が変わるので、ベースメイクは重要です。

 

次いで注目されるのが、

アイブロウ、アイシャドウ、アイライナー、

マスカラ、チーク、口紅といったポイントメイクです。

 

第一印象をも左右するといわれているのが、

アイブロウとアイメイクです。

 

眉頭はぼかし、眉尻はすっきりと仕上げる。

アイラインはアイシャドウと馴染ませて、

不自然さが残らないようにするなど

押さえるべきポイントがあります。

 

 

実は、振袖をはじめとする和装には、

和装ならではのメイク方法があるのです。

 

成人式を控えている方もぜひご参考に

してくださいね。

 

 

 

和装メイクの一番大きなポイントは、

あえて平面的に見せるところです。

 

平面的なメイクとは、

目は切れ長、顔は若干大きく見えるようにし、

眉は短く太く、口紅は濃く小ぶりに仕上げるのが基本です。

 

顔を大きく見せるなんて、と思われるでしょうが

振袖そのものがものすごくインパクトのあるものなので、

顔を小さくしてしまうと、全体のバランスが崩れて見えてしまうのです。

 

眉や唇を小さく見せるのは、平安時代における美女の条件ともいえます。

違和感があるかもしれませんが、

顔の印象が着物に負けないためにも必要なのです。

 

もしかしたら整形メイクは、

どちらかというと立体的なメイクとなり、

洋装向けといえるかもしれません。

 

普段のメイクが和装に合うのかどうかは、

着物を試着した状態で確認しないとわからないものです。

 

一部だけを整形メイクで整えても

振袖を着ることに違和感がなければ、

式典の当日も同様のメイクで問題ないと思います。

 

重要なポイントは、

着物のインパクトに人物が負けないことです。

 

 

 

徳島で成人の日の写真を撮るなら、

この道82年の歴史と実績のある阿部写真館にお任せください。

 

経験豊富なスタッフが、

着物を着た時の動きのアドバイスから

着崩れた時の対処法まで、

徹底したサポートをさせていただきます。

 

当館では、振袖の内覧会および前撮り相談会を無料で行っています。

お電話もしくはメールにて、ご予約をお願いいたします。

 

 

お気軽にお問い合わせ下さいね♪

[`evernote` not found]
GREE にシェア
email this
Pocket
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP