振袖が着られるのは、幾つまで?

こんにちは。Web担当の松村です。

成人式で注目される振袖ですが、

成人の日以外で着る場面について気になったので、

調べてみました。

現在の一般常識では、

未婚の女性が、結婚式やパーティーなどで

着用するものとされています。

 

しかし、本来は未婚・既婚の区別なく、

若い女性が着る和服の一つでした。

 

そうした起源を知ると、

お祝いの席で振袖を着ることは、

TPOに合っていれば問題ないような気もしてきます。

 

ただし、同席した方々の認識が

現在の一般常識のままであっては、

「場違い」と思われてしまう可能性が高いので、

やはり、振袖は20代の未婚の女性に限られるというのが

現状なのでしょうね。

 

 

私の母の世代では、

「振袖を着る前にお嫁に来た」

という方もいらっしゃいます。

 

今になって思うことではありますが、

そうした事情があったとしても、

成人の日には振袖を着たかっただろうなと思います。

 

実際の成人式には参加することができなくても、

写真館での撮影のみなら、

振袖を着るという願いは叶えられるかもしれません。

 

しかし、成人の日の振袖となると、

やはり20歳の女性が着るものを想定して

デザインされているものが殆どです。

 

着物の生地の色にもよりますが、

全面的に柄が入ったものや、

派手なものが多い印象を受けます。

 

大人の女性が着る振袖としては、

やはり不向きのように思えます。

 

とはいえ、中には振袖の袖を切って

訪問着として着用し続けることができるように

デザインされている着物もあるのです。

 

こうした振袖は、振袖として着用するよりも

訪問着として長く着用することを前提として

デザインされているので、

柄の位置や大きさなどが

派手になり過ぎないという特徴があります。

 

年齢的に振袖を着ることに関して抵抗があるという方は、

演歌歌手の方々を思い出してください。

 

テレビなどで見かけても、

あまり気にされたことはないかもしれませんが、

既婚者であっても、年齢を重ねていても、

振袖を着ている方はいらっしゃいます。

 

大人の女性でも、恰好よく振袖を着ることができる

お手本でもありますので、

色遣いや帯、髪型なども参考にされると良いでしょう。

 

 

娘に自分が着た着物を持たせてあげたかったけど、

あいにく息子しかいないという方でも、

着物のデザインや着こなしによっては、

お母様もチャレンジできる可能性が!

 

息子の成人の日のお祝いの影で、

こっそり自分だけのワンモア成人の日を

実現させてみてはいかがでしょうか。

徳島阿部写真館での写真撮影は、

室内スタジオだけでなく

屋外ロケーション撮影もできます。

 

外に出るのは恥ずかしいという方は、

室内スタジオのみでも

十分、20歳の頃を再び楽しむことができると思います。

 

人生で一度しかない先人式であつらえた大切な振袖。

後生大事にしまっておくよりも、

着られる機会があれば、

どんどん着るべきだと私は思います。

 

徳島阿部写真館は、常識にとらわれない写真館として、

訪れる方々の「こうした写真を撮って欲しい」という願いを

叶えるお手伝いをさせていただきたいと思っています。

 

☆どなたにも素敵な成人式を迎えてほしい☆

Share on GREE
email this
Pocket
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP